生きる源は食べること!エネルギーを補給する口や歯を健康に保つことが大切ですよね

>

異変に気付く

自分のこと

異常なことには、即座に対応して治療しておきたいものです。
特別、私は怖がりなところがあるからなのかもしれないですがね。
だから、歯の治療にもまず初めに、「私、痛さに弱いんです」と告白してから治療をしてもらうのです。
また、痛い目に遭わないために、定期的にメンテナンスの目的で歯石をとってもらったりしております。
最近は、痛くもなく、治療してくださる歯科医も多いのでたすかりますが。
また、私自身は最新の治療や最新の思考に興味があるせいか、話かたや話口調にも関心があるのです。
そして、最新の機器を備えているところには、丁寧に対応してくださる方がいるようなきがしてならないのです。
リスペクトっていうのでしょうか。患者の求める事柄を誤解しないて理解してくださる人がいると患者側からして安心です。

家族や周囲の人など大切な人

自分のことなら、自分が一番、よくわかりますよね。
でも、子どもさんなど、自分の体の異常に気がつかなかったり、気がついていても、表現できなかったりする人、いるでしょうね。
障がいを持っている人も表現することが上手でない人もいそうですね。
自分の言葉で表現することの大切さを理解はしていても、実行できる人って少ないのかもしれません。でも、体の異常は早期に治療するなり対処が早いに越したことはないでしょう。
医療機関に費やす時間とお金という制限もあるでしょうが、定期的にメンテナンスを確認するということを習慣にしていると、本人から異常を発することが困難でも医療機関の方が気づいてくださる可能性もあるからね。また、予約しておくということなど昔では考えられなかった、効率よく受診できる仕組みもあるかもしれないですね。良いことは、どんどん取り入れて、快適な生活を追求していきませんか。


TOPへ戻る